--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/24 (Fri) 16:48
重量級に対する動き方

shouheyさんのタンクや某チャットメンバーさん達の重量機との対戦で気づいたことを少し。
ちなみに私の機体は前回の記事で書いたアセンです。
ずばり、相手のすっげー近くに位置取りをするといいかも。まだ憶測の段階ですが・・・^^;
といっても相手の正面に立ってはいけませんよ?!
どれくらい近いかというと、機体どうしがあたるくらい^^
相手の後ろか横、つまり死角でそれをします。
そしてマッスルシェル、垂直連動、VEGAで攻撃します。
重量級が相手なら1試合でVEGAを5回以上当てるのが最低条件です。
さてさて、この密着状態で重要なのは動き方はもちろんのことですが、それ以外にマッスルシェルの使いかたです。
マッスルシェルはいろいろな使い方ができるミサイルです。
1.弾幕
2.交差に使う
3.火力武器として使う

ってな感じ^^
ここでは3の火力として使います。
近距離で撃つと弾が広がる前に相手に当たるので、前弾ヒットさせれます。たくさん当たるので相手の視界を奪う効果もあり、威力もあります。
動きは相手のすぐ近くから離れないようにします。まー、ENと相談しもって、場合によっては一時離脱のために距離をとることもありますが。ただ、相手のすぐ近くをうろつくのは相手の武装によってはまずいことがあるのでケースバイケースです。大概の一発系の武器は近接適正が低いので、近くだとロック速度が間に合わないためにこの方法が有効なのかもしれません。
スポンサーサイト

<< 地形戦 | ホーム | またまた機体を微調整 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。